総量規制によりどうなったか?

総量規制によりどうなったか?

多重債務、これはずいぶん前から問題になっています。
ですから、専業主婦はお金を借りられなくなったり(借りられる場合もありますが)、年収の3分の1しかお金を借りることはできなくなっています。
これは2010年6月の法改正により総量規制がスタートしたからです。
例えば年収300万円の人は100万円までは借りることができるということなのです。
もちろんのことですが、これはお金を借りるという形であり、住宅ローンなどは何千万円ものローンを組むことになりますがこれらは対象外になっています。
何故、このような総量規制がスタートしたのでしょうか?

 

様々な理由でお金を借りて、しっかりと返せる場合はいいのですが、その多くは返しながら借りるを繰り返し永久にその状態から抜け出すことはできなくなります。
返している途中で借りなければ問題はありませんがそうもいかずに最悪は自殺や犯罪ということになってしまうのです。
会社のお金を横領する→警察沙汰→解雇ということもありますし、家庭があれば離婚ということもあるでしょう。

 

総量規制がスタートしてからは制限が掛かったせいか、お金を借りている人の数は減っては来ています。
これはこれでよかったという考えもありますが、もしかすると違法金利で貸してくれるところに流れているかもしれないということも言えます。